忍者ブログ

そらゆけ道産子 世界一周

とあるドサンコの世界一周旅行記ですよ。

[PR]

2017/10/19(Thu)01:27

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

時期が悪い、時期が・・・灼熱のインド南下大作戦

2012/04/11(Wed)20:02

インドの北西らへんはカラカラの灼熱。

汗も乾燥してかかないうちにすぐ乾く。喉もすぐ渇く。洗濯物が速乾、これは、ラッキー☆
夜もネパールで買った布マスクに水をかけてアイスノン代わり。でも15分で乾く。
寝る際は"かける用“の水が入ったペットボトルを枕元に。そして乾いたら服なり頭なりにかける。足りない時は服の上からシャワーを浴びる。
安宿にも天井にでっかいファンは着いているので、自分が濡れればこれで結構ごまかせる程度の涼を得られるのだ。暑さにゃ弱いのよー道産子はっ!これだからもっ!
してさらに機嫌が悪いことに、インドの猛暑の季節は今にまさに。
4,5,6月と、猛暑の季節。
ね、ネパールでタンカにウツツを抜かしていたばかりに・・・しのげる季節を逃しちゃったじゃなのー!まったくもーっ!こらっ!

砂漠でヘタり、すっかり自信を消失したうちは、それでもさらに南を目指すことにした。
いろいろな人に話を聞いて、やっぱり南インドに行くことにしたんだ。
それも最南端のカニャクマリ!アラビア海、インド洋、ベンガル湾。なんと3つの海が交わるってんだから、行っとかないとでしょ?うん、うちもそう思う。やっぱりねぇ

かくして、このでーっかい(意外にマジででかいんだよぅ)インド、移動&移動しています。
前に書いた素敵なプシュカルから一路、まずはアフマダバードに行く。
夜7時発の朝4時着だ。
この時初めて2Aという結構いい車両で寝た。
ちょっと説明しておくと、
インドの列車はクラス分けされていて、上から
1A(豪華一等)、2A(2段ベッドエアコン付き)、3A(3段ベッドエアコン)、Sleeper(3段ベッドファン)、2nd Sitting(自由席。努力と運で席を勝ち取れ!)
となっています。

エアコン付きの3Aと、ファンのSleeperでは値段が倍以上違うので、できればSleeperが良いよね。
でもこの時空いているのは豪華2Aしか無かったのです(確かジョードプルで取ったんだったかなぁ?)。
でもこんなに語っといて、写真はないです。
実際そんな豪華じゃなかった。2×2のベッドで個室になっていて、上段のベッドはエアコン直撃です。
冬の寒さは良いのに、なぜエアコンの冷風は不快なんだろう?
暑さは逆で、冬の暖房は心地良いが、夏の熱気は不快・・・というか殺人的。

そして因縁①のまだ夜も明けていないアフマダバードに到着。
ここはアッツイよーマジアッツイよーとさんざん脅されていたので、半日or1泊だけして上がろうとしていたんだけど、しつこいセクハラリキシャオヤジと7,8件ゲストハウスを当るも、全てFull!!
なぜかインド人の学生が集結している最中だとかで、安宿はどーにもこーにも無い状態だ。
そんなわけで、そのままムンバイに行くことにしたんだ。

ムンバイといえば、大都会みたいなもんだ。
それくらいしか知らなかった。
とりあえず、直行のバスは夕方まで無いとの事で、とりあえずローカルバスに乗って、7時間ほどかけて昼過ぎスラットという町まで行き、スラットからムンバイ行きのバスはこれまた夜まで無いとの事で、列車の自由席でムンバイに行くことに。

でもね、この時ね、油断していた・・・
赤い服着たポーター達。何もわからないうちを取り囲むと、チケット、チケットと声をかけてくる。
何、あんた!?まさか奉仕の精神でうちを助けようとしているわけじゃないよね。
100ルピー!?バカッ!!キップくらい自分で買えるわ!!シッシッ!

そして問答無用で自由席を発券。
まさか自由席に乗ることになろうとは・・・
そして列車到着。お、おっそろしい人だ!!降りてくる人を押しのけて大量の人がなだれ込む。
人の荷物も踏み潰し、罵声と悲鳴が飛び交う。
無理だ!!無理だ!!うちのこの荷物どうすんだ!?やだ、乗りたくない!!
そしてポーターはやってきた。
150ルピーでスリーパー!?チケットの値段は70ちょいやで!ってかなんね、スリーパーって?あほぉ!!
その値段無理だ!でもこの、人の波それも無理だ!
無理、だめ、ああ、どうしよう!
そんなうちの心のすきをついて、ポーターはひょいっと荷物を持ち上げ、熊のように人を押しのけて列車に入っていった。

あ、あぁ・・・荷物・・・
おいかける。ポーターは席取りでわめきちらしていた。喧嘩だ。
そしてうちの腕を掴むと、痛い痛い言ってんのにむりやり座らせた。
うわぁーお金ぇーどうしよう!相場分かんない!
けっきょく押し問答の末、100も渡してしまった。
ばっかなジャパーニーと怒らないで聞いて欲しい。この混乱の様をちょっとでも理解して欲しい・・・
でもクソ!!ファッキン!!馬鹿なジャパーニー!!チケットより高い値段払って、
細った乞食に一銭もやらずに肥えた傲慢なおっさんをさらに豚にするために金使っちゃって、なんてザマだーーー!!

悔し涙を浮かべながら、そして因縁②のムンバイへと向かったんでありました。

ムンバイ。到着は夜の8時半くらい。



ムンバイのホテルは高いのだ、という事は分かっていた。
そして今時期、宿がなかなか取れないことも。
しかも安宿は虫が多く、砂漠で遭難、ラクダから落下の運のあるようでない男ミツル君も質の悪い虫に刺されてひどい痒がっていたし、ムンバイ宿事情はそんな所だ。

ガイドブックに乗っている宿に電話をし、駅近くの宿にも当たったが、やっぱりFull・・・
もう、昨日からどんだけ一気に移動してんだよ・・・シャワー浴びたいよ。
そういえば、同じ暑さでもちょっと違うことに気づいた。
汗をかいても乾かないから、ベタベタする。汗臭いし。湿気があるんだねぇ、もう海沿いなんだ。

こうなったら、もうこのままゴアまで移動しようか。
でももう夜の9時を回ってしまった。
長距離バスのりばを探していると、旅行会社の明かりが。
はー助かった!そこで聞いてみよう。
が、あぁ、やはりバスはもう無い。

でも宿はあるみたいだ。
値段は・・・この旅、最高額の日本円にして1泊2000円!!
バストイレ別、部屋は日本のカプセルじゃないカプセルホテルの狭さ!
お兄さんが、どうする?予約しようか?

と聞いて、値段の高さに一瞬往生際悪くためらったけど、うん、と頷く。
その瞬間、がくっと力が抜けた。
あーこんな安心するなんて、うちの選択は間違ってなかった。こんなに疲れていたのか!体よごめん!
駅で寝るのを選ばなくて良かった!
改めて思うと、たかだか2000円なんだ。日本で3時間働けば良いじゃない!そんな値段だ。
スラット駅のポーターに渡した100ルピー、日本でアイス1、2本我慢すればいい値段じゃないか!

そして悪霊のようにひどい身なりのうちはそれでも上品でエアコンの効いたレセプションで受付をとっとと済ませ、シャワーを浴び、近くのマックに行ってマハラジャバーガー(日本で言うビッグマック)を食べた。
この旅初マックや・・・


ワクワク・・・



ガクッ・・・!!
このガッカリ感、日本と同じね・・・
そしてこのドナルドの顔がむかつく



ホテル横の屋台でホットミルク15ルピー
隣の食堂も安くて超美味しかった!チキンブリヤニ45ルピー
この格差、すげえな


でもこの時、うちはひどく落ち込んでいた。
多分、ムンバイのこの街のわけの分からなさと、体力と気持ちもとてもへばっていたからだろう。

でもヘナっている時はこの世の終わりのような気持ちになるが、元気になると何を悩んでいたのかとんと忘れる。
でもきれいだったなー、あの夕日ってことで、明日も移動なのだ!ぷぷ



ムンバイまでの列車で見た夕日。
きれいすぎて哲学的になって、そして疲れていて落ち込むのだ

拍手[0回]

PR

No.62|インドComment(5)Trackback

Comment

無題

2012/04/11(Wed)20:40

二つもいっぺんに更新になって、先にこっち読んで話が??
もうひとつ前があったとは
過酷な一人旅本当にようやっとるわ
ゆいはお母さんの希望の星だ(笑)
暑さに負けるな

No.1|by ま|URLMailEdit

無題

2012/04/12(Thu)22:22

マックだー  初マックー マックがあってよかったねー  味とか日本と微妙にちがってた?同じだった?  暑さに負けずに頑張って!

No.2|by あゆ|URLMailEdit

猛暑 (;´Д`)

2012/04/14(Sat)08:04

暑さは半端じゃないよね…うちら北海道人
猛暑の中での大移動…ましてや大きい荷物を持って(´ε`;)
バテるよね
美味しい物を食べて栄養を摂るのだよ

夕日…綺麗だね

ゲンが亡くなったの、ユイ知っててくれたんだね(^.^)
天国でケリ-に会えたかな(^ω^)
有難うね

インド、広いなあ~!
ユイ、体調に気を付けてね!

No.3|by 裕|URLMailEdit

HAPPY BIRTHDAY♥\(^o^)/

2012/04/17(Tue)08:56

お誕生日 \_(^◇^)_/\(*^^*)/ おめでとっ! 
更に素敵な年になりますように
祈ってます

No.4|by 裕|URLMailEdit

お返事

2012/04/23(Mon)10:35

>母さん
はぁ、空港は涼しいわー
荷物ちゃんとトルコまで来るかな?それが心配!

>あゆ
日本のほうがやっぱ日本人の口にあってると思ったよ。
ケチャップとマヨネーズいっぱいのバーガー食べたい!
今からトルコ行ってくるよ。マック食べ比べてみるわー

>ゆっこちゃん
ありがとう!
そういえばそうだね、ゲンちゃんケリーと遊んでるといいねぇ。
うちはこれ以上太ると母さんに脅迫のメールを受け取るので太れないわー
ひどい!!

No.5|by yui|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字