忍者ブログ

そらゆけ道産子 世界一周

とあるドサンコの世界一周旅行記ですよ。

[PR]

2018/06/25(Mon)09:03

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

湖上のある街ウダイプル

2012/04/11(Wed)19:49

しばらく更新出来なかったなー
宿事情は、北のほうが良いみたい。
今はちなみにゴア。
ここは少しさかのぼってからのー

プシュカル!
3月21日からのことです

2日間ほど居たジョードプルからプシュカルへ、やってきた。
プシュカルまでは直通の列車は無いので、電車で途中のアジメールという所まで行く。(6時間くらい)
そして駅からバスに乗り、1時間後プシュカル到着。

ここに来るのは色々悩んだけど、ガイドブックの謳い文句はこれ。
アジメールから山ひとつ越えた所にあるヒンドゥー教の聖地。
深い緑色の小さな湖畔の小さな町・・・

なるほど、ここの湖を取り囲むようにガートがある。
沐浴する人々。
そして並ぶ土産屋。
この町。
暇だ。
何をするといえば、ガート脇(牛の糞尿に注意)に座ってボケーッとしたり、ジューススタンドでジュースを飲んだり、
宿に戻ってプールに入るか(1泊200RS)飯を食うかだ。




お祈りをする人々



沐浴をする女性陣。歌歌いながら水掛けあってとても楽しそう
上半身はだかー!男がいてもおかまいなーしっ!



ボーイズよ、それ沐浴じゃない。



宿のクレイジーな男。
物を整理してたらよってきたので、ネパールで買ったほつれた100円のTシャツあげた。
ちっちゃいやろーそれ!



路地裏の、トマトをくわえてコソコソ走る犬



みやげやのおっさん



今日のカエル様
楽器隊とダンベル修行中



観光客向けの服屋が大量にあるので、服を買いたい人は来たらいいかもしれない。
うちは牛の糞尿だらけの灼熱のガートをあちゃあちゃヤケドしそうになりながら裸足で(土禁なのだ)パタパタ走った記憶しかない。ここに3日間・・・長かった。
いやあ、合う合わないって有るよなぁ~

そんなプシュカルを後にして、夜行バスでウダイプルに向かった。
バスチケットを買う際、全部コミコミで300ルピーだったのに、結局アジメール乗り換えで50ルピーのリキシャ代を払った。
毎回そうだけど、インド人・・・すぐお金をねぇ、もうねぇ。
トランクに荷物を入れるのも入れる時は何も言わないのに、後でいくらよこせーだの、宿に付く直前にいくらの部屋はあるかーと携帯で聞いて行ってみたら、その一番安い部屋は今埋まっちゃったーだの、せこい手使って、そんなに金が好きかーーー!!!
と積もっていくと無性にイラーッと来る。

そんな不満から持ち直したのがここウダイプル。


湖畔からの夕日



湖畔の親子



湖畔の家族



宿からの寺院
初めての夜、部屋でくつろいでいたら突然外から音楽が響いた。
寺院からだ。
なんだかちょっと壮大で感動してしまった。
ここからの眺めは本当にお気に入りだった!
その場所がお気に入りかどうかは半分宿で決まるといっても過言じゃないかも。
毎晩毎晩、この部屋の外のテラスで感動しながらこの歌を聞いていた。

毎夜ここでお祈りが始まるのだ。
最終日は現地の人に混じってお祈りに参加した、というか混ざってきた。
中では踊って、歌って、それでも真剣だ。
写真は撮れる雰囲気じゃなかったけれども、配られた砂糖菓子の味とあの場の雰囲気は死ぬまで覚えていよう。


今日は侍女の花園へ




1時間歩いたよ
ここは噴水がいっぱいって聞いてきたんだ。
もう暑すぎて、水と触れ合わないと死んでしまうよ!



すずしい!!
頭から噴水に突っ込むうちは、ちょっと変わっていたかもしれない



水と花の庭。
最高最高!!



昼寝にゃもってこいだー
気づけば2時間も寝ていた。


シティへ戻る

神様の足もとで死んだように眠る犬

いとこの犬もこないだ天に召されたしまった。
ゲンちゃん、15歳の大往生!
こういうふうに神様に天国に連れていってもらえたんなら悲しさも紛れるかな
この神様はちょっとブサイクだけどね



ロバの行進



絵の教室(2時間コース)にも参加した。150ルピー



かんせーい!
細密画というらしいから期待してたけど、タンカを習っていたからしかも2時間ってクオリティ的に無理がありました。
絵葉書で誰かに贈ろう・・・


サンセットポイントへ!
でもサンセットの時一人は怖いので3時くらいから登った。


ながめ。街が一望できた。広いなぁー
インド人に警戒心満点のうちは、あとから来るインド人に戦々恐々でした。
でも結局普通のボーイズでした。
なぜか一緒に写真撮らせてくれといわれた。


そして山を降りて、湖畔の方へ。

そこには光り輝く夕日が!




ほんとうに綺麗で、この湖でなら死して本望!というくらいきれいだった。
ウダイプルは、あの寺院と、この湖と、ほんとうに素敵なところでした。


そして例に漏れず夜ぼーっとしていると、日本人の女の人がバックパック背負ってやってきた!
ひろさん、日本人の女の子の旅行者を心から待ち望んでいたうちは(やっぱ女の子とが楽しい!!)大喜びで翌日一緒にシティパレスに一緒に遊びに行った。


シティパレスで、カメラ持ち込み料200ルピー取られ、しかもその直後カメラが壊れたひろさん






マダムと一緒



なぜか記念撮影



着ているものが美しいわ!インドの女性!
記念撮影しすぎ?



こんなむさ苦しい神様は嫌だ・・・・



神様コミック



そしてこの日は移動日。
またどっかでねー!
と言い合って、でもまたこの後合流できたんだけど、それはもうちょっと先の話ね

しかし移動、大変でした・・・
次に書きます

拍手[0回]

PR

No.61|インドComment(3)Trackback

Comment

無題

2012/04/11(Wed)20:54

やっと更新ブログ待ったわ(笑)

やった!写真いっぱい中身いっぱい
ゆい焼けたね

夕日きれいだ
そこの朝日も見たい
優以は朝日の頃はまだ寝てるんだろうな 

No.1|by ま|URLMailEdit

無題

2012/04/14(Sat)21:52

きれいなとこだね。。湖畔に夕日。
出会った日本人の方と楽しそうだ!
しばらくPC環境のない所にいたので
アップしてるのわかんなかったよ。
昨日東京から戻ってきました!
しばし実家にいてまた東京だ。。
今月末から北海道だよ!
伊藤さんのママリンと会えるかも!!

No.2|by MAKI|URLMailEdit

おへんじ

2012/04/23(Mon)10:39

>母さん
っていうかこのブログ見た後メールで
太った、服が変、眉毛太いって言ってたっしょー!
やめてー!

>マキさん
おー!
うちの実家によってってねー!!
うちは不在だけど・・・父さんと母さんと、犬と鳥とでもてなさせてもらうよ!

No.3|by yui|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字